The Release ザ・リリース 安岡孝将 は稼げない副業アプリ!?

安岡孝将 おすすめできない商材
出典元: https://release-pj.info/circumlocution/

こんにちわ、andonです。

新型コロナウイルスの感染者が急増している東京都で、夜間を中心に営業する飲食店などで感染が広がっている可能性があると専門家などから指摘されています。

今までのところ感染経路がはっきりしていない人の何割かは、やっぱり夜の街で遊んでいて感染したのでしょうかね? もともと働いている人の素性に寛容な夜の歓楽街の弊害がこんなところで露呈するとは盲点でしたね…。(まあ、そもそも密接・密閉・密集になりやすい業種ですし今は利用を控えるべきでしょう)

東京都は夜の街への外出も自粛するように求めていますが、このまま感染者の増加に歯止めがかからなければ、もう少し強めの規制が必要になってくる可能性が出て来そうですね。

さて、本日は安岡孝将氏のThe Release(ザ・リリース)についてレビューしていきます。

 

The Release ザ・リリース 安岡孝将 は稼げない副業アプリ!?

安岡孝将


出典元: https://release-pj.info/circumlocution/

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

The Release(ザ・リリース)の特定商取引法に基づく表記

【販売URL】https://release-pj.info/circumlocution/
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
LPに特定商取引法の記載自体がありませんでした。この商材はかなり危険です。十分にご注意ください。

 

The Release(ザ・リリース)のコンテンツ内容

今回のThe Release(ザ・リリース)の商材内容は、月収100万円が稼げるという資産自動構築システムが利用できる無料オファー(無料モニター募集)のようです。
LP内には次のようなキャッチコピーが見られます。

・初月から月収100万円メンバー平均月収600万円
・最先端IT技術×最高峰投資技術
・あなたが行うのは簡単3STEPだけ

LPや動画を見たところFX系の自動売買システムのようなものだと思われます。こういった案件はこれまでにいくつもレビューしてきましたが殆どが稼げない内容でした。今回はきちんと稼げるようになるのでしょうか?

 

特商法の表記自体がない

The Release ザ・リリース

The Release(ザ・リリース)のLP内には、特定商取引法の記載自体がありません。
これはかなり危険なことです。

今回のThe Release(ザ・リリース)は資産自動構築システムのようですが提供者の連絡先も不明なため十分なサポートを受けることができない可能性があります。これはシステム運用中に不具合等が起こったとしても、すぐにサポートと連絡が取れず大きな損失を発生させてしまうリスクなどもあるということです。

仮にThe Release(ザ・リリース)自体に大きな費用が掛からなかったとしても、自分の資金を投じて運用している最中に事故が発生した時のことを考えると恐ろしくなってきます。

そもそも多少なりとも参加者にリスクを負わせることになる資産運用系のオファーを展開するにもかかわらず、提供者の所在地も連絡先も掲載しないというのはかなり不誠実です。The Release(ザ・リリース)を提供する業者は企業倫理にかけていて、まともな会社ではないのだと思われます。

 

稼げる根拠がない

The Release ザ・リリース

The Release(ザ・リリース)のLPや動画には稼げる根拠となるような資料やデータが掲載されていません。

LPや動画の所々でThe Release(ザ・リリース)アプリの収益画面を表示させて「ほらね、稼げるでしょ!!」とやっていますが、そもそも提供者の安岡孝将氏が開発したアプリなのでいくらでも数字は弄れますし、それをしていない保証がありません。(つまり信ぴょう性が低いということです)

投資系の自動売買システム等のパフォーマンスを保証するエビデンスとしては、十分な期間のバックテストの結果や、実際にリアル相場で運用したフォワード実績などの詳細を公開するのが一番わかりやすいのですが、今回のThe Release(ザ・リリース)ではそういった信ぴょう性が担保された資料がないのです。

The Release(ザ・リリース)は本当は稼げない資産運用アプリであるため詳細な資料の公開ができないのかも知れません。

 

有料のバックエンド商材のセールスに要注意

おそらくThe Release(ザ・リリース)のオファー登録後には有料のバックエンド商材のセールスが待っていると思われます。

オファー提供者側はここまでにかなりの広告費をかけてこのThe Release(ザ・リリース)を展開しているわけです。なので始終無料ということはあり得ないでしょう。
必ずどこかで、ここまでにかかった経費や収益の回収を行うキャッシュポイントを設けているはずです。

具体的には、実は無料なのはThe Release(ザ・リリース)お試し版だけで正規版には料金が発生するとか、「塾やスクールに入ればもっと稼げる」と高額な塾・スクールに勧誘してくることも想定されます。

そういったバックエンド商材が稼げるものであれば問題ないのですが、このようなプロダクトローンチで展開されるバックエンド商材には稼げないものが多いので注意が必要です。

もし今後、有料サービス等のバックエンドセールスがあった場合は確実に稼げることが確認できない限りは購入・契約は避けましょう。

 

安岡孝将はどんな人物?

LPや動画内では安岡孝将氏の経歴については次のように語られています。

・カリフォルニア州シリコンバレーで世界トップレベルのIT技能を習得する
・そのシリコンバレーで22歳で起業、5年後には年商100億円の企業へと成長させる
・28歳で会社を売却して引退生活
・個人資産で資産構築システムを開発

個人的な話にもなってきますが私は会社員時代も含めて10年以上IT業界で仕事をしてきましたが、こんな人は知りません。現在(2020年)40代の世代の日本人でシリコンバレーで活躍した実績を持つIT系のエンジニアやコンサルタントはそんなに多くはいませんから適当なことを言っているとすぐにバレます。(そもそも「世界トップレベルのIT技能」って何? エンジニア出身であれば自分をアピールできる場でこんなフワッとした表現はしないはずです)

ネット上で安岡孝将氏について調査してみましたが、予想どおりこれらの実績・経歴の証明となるような情報は確認できませんでした。なので、おそらくLPに記載されている安岡孝将氏の実績・経歴はかなり盛られているか詐称されている可能性があります。

The Release(ザ・リリース)についても本当に稼げる資産構築システムなのかは疑わしいですね。

 

ネット掲示板の反応

~現在調査中~

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法の表記自体がない
・稼げる根拠がない
・有料のバックエンド商材のセールスに要注意
・安岡孝将氏の経歴が怪しい

LPには特定商取引法の記載自体がありませんでした。オファー参加後に連絡が取れなくなったりトラブル発生時に十分なサポートが受けられない可能性があります。

LPや動画には資産運用システムであるThe Release(ザ・リリース)のバックテストやフォワード実績がありません。本当は稼げないアプリである可能性があります

今後の有料サービスの展開やセールスに注意しましょう。確実に稼げる確証が持てない限りは購入・契約してはいけません。

安岡孝将氏はかつてシリコンバレーで活躍した世界的ITエンジニアだそうですがその証拠がありません。

 

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

コメント