プロフィットホッパープロジェクト 小林徳伸 は実は有料化の予定!?

小林徳伸 おすすめできない商材
出展元: https://php-k.com/lp/wallet/

こんにちわ、andonです。

2019ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞にラグビー日本代表のチームスローガンだった「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれました。

今年はこれで良かったのではないでしょうか?
個人的には流行語大賞って、たま~に微妙な流行語が選ばれている印象を持っているのですが、ラグビー日本代表はベスト8まで行きましたし、日本に勝った南アフリカは結局優勝しましたし、うん! 今年は誰も文句はないですね(笑)

さて、本日は小林徳伸氏のプロフィットホッパープロジェクトについてレビューしていきます。

 

プロフィットホッパープロジェクト 小林徳伸 は実は有料化の予定!?

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

プロフィットホッパープロジェクト の特定商取引法に基づく表記

【販売業者】株式会社AGO
【所在地】〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18
【販売URL】https://php-k.com/lp/wallet/
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
代表者名・責任者名、電話番号、メールアドレスの記載がありませんでした。この商材は危険である可能性があります。十分にご注意ください。

 

プロフィットホッパープロジェクト のコンテンツ内容

今回のプロフィットホッパープロジェクトの商材内容は、フェアな暗号資産(仮装通貨)をウォレットというアプリで運用して稼ぐことができる無料オファーのようです。
LP内には次のようなキャッチコピーが見られます。

・月利5~15%
・2年で資産が28.6倍
・5万円を2年で3500万円にすることも可能
・パソコン、知識、経験、スキル、人脈 一切不要

「5万円を2年で3500万円」というところで既に誇大広告のような気もするのですが、本当に稼げるのでしょうか?

 

特商法に問題あり

プロフィットホッパープロジェクト

プロフィットホッパープロジェクトの特商法の表記には、代表者名・責任者名、電話番号、メールアドレスの記載がありません。これはかなり危険なことです。

今回は仮装通貨をアプリで運用するような内容と思われます。
万が一、自分の資金で運用を行っている最中にアプリの障害等のトラブルが発生してしまっても連絡を取れる窓口がないのです。

どんな投資も一瞬の判断ミスや間違いが大きく資金を減らしてしまうリスクを内在しています。
仮装通貨もその点では例外ではないでしょう。

また販売業者の株式会社AGOについて国税庁のサイトで検索をかけてみましたが、特商法に記載のあった所在地で登記されている「株式会社AGO」という企業は存在しませんでした
(住所違いで同名の会社はあったので、もしかしたら住所変更の手続きをしていないのかもしれません)

特商法の表記だけでもこれだけの問題があるのです。
今回のオファー提供者はまともな組織や代表者ではないと思われます。

 

稼げる根拠がなく誇大広告の疑いあり

今回のプロフィットホッパープロジェクトのLP内には派手なキャッチコピーが目立つだけで、より重要な稼げる根拠となるようなエビデンスが示されていません。

「月利5~15%」、「5万円を2年で3500万円」などと謳っている以上、今回の目玉となっているウォレットアプリの運用成績などに関するデータを公開するべきです。運用データ等を公開すれば絶対に集客には有利なはずなのに、それをしていないのです。

これは実際にウォレットアプリで暗号資産(仮装通貨)を運用しても稼ぐことができない可能性を示唆しています

 

将来的には有料化の可能性も

今回のプロフィットホッパープロジェクトは完全無料ということを強調していますが、将来的には何らかの形で有料化となる可能性があります。

具体的にどうのような形で有料化されるかはまだわかりませんが、今回のオファーも提供者側からすると慈善事業ではなくビジネスなわけです。ここまでにかかった費用などをオファー提供者が回収するためのキャッシュポイントが必ず設定されていると考えるべきです

今後の展開は、ウォレットアプリで「より大きく稼げる」などと言って有料の塾やスクールへの入校を呼び掛けてくるかもしれませんし、より狡猾に展開するとしたら開発者の小林徳伸氏が仮装通貨の取引所と組んで参加者から手数料(正しくは手数料の何%かのキックバックが小林氏に入るなど)を取るなどといったことが想定されます

※小林氏は「世の中の取引所の手数料は高すぎるのでフェアじゃない」と糾弾していますが、実は自分がその手数料ビジネスの利益を享受しようとしているのかもしれません。小林氏は暗号通貨にかなり精通しているようですし、業界の人脈も強いでしょうから我々素人に気付かれずに利益を抜くことは朝飯前でしょうね。

 

小林徳伸はどんな人物?

LPや動画を視ると小林徳伸(こばやしとくのぶ)氏が仮装通貨取引である程度の実績を残しているように見えます。(実際にロイター通信社の取材などを受けていること等は確認できました)

しかし信用できないような怪しい点もいくつかわかりました。

まず小林徳伸(こばやしとくのぶ)氏は過去にも暗号資産関連の案件を手がけているのですが、その際にはなぜか「小林よしのり」と名乗っています。

プロフィットホッパープロジェクト

出典元: https://youtu.be/DehPPJ0JNUk

何か不都合があって改名したのでしょうか?
(後ろめたいことがあって改名したのでなければ良いのですが…)

さらに『The大富豪プロジェクト』という案件では集団訴訟のページが立ち上がってしまっています。

参照先: matoma-【集団訴訟に向けて】”小林よしのりのThe大富豪プロジェクト 大富豪クラブ”について

以上のことから判断すると信用してはいけない人物だと思われます。

 

ネット掲示板の反応

~現在調査中~

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法に問題あり
・稼げる根拠がなく誇大広告の疑いあり
・将来的には有料化の可能性も
・小林徳伸(こばやしとくのぶ)氏が怪しい

特商法の表記に連絡先がありません。
それに加えて記載されている販売会社の登記が確認できません。
特商法の表記にここまで問題がある企業なので、まともな組織や代表者ではない確率が高いです。

LP内には誇大広告が目立つばかりで稼げる根拠となるようなまともなエビデンスが公開されていません。実際には稼げない内容である可能性があります。

完全無料を謳っている今回のオファーですが、おそらく今後は何らかの形で有料化されることが予測されます。開発者の小林氏は我々のような素人に気付かれないように間接的に有料化してしまう手法などにも精通していると思われます。なので気付かないうちに搾取されていたといったことが無いように注意・警戒が必要です。

開発者の小林氏が過去の案件から改名していたり、集団訴訟騒ぎに発展しそうな案件も手がけていたことを考えると今回のオファーも問題がある内容なのかもしれません。
参加は見送った方が良いでしょう。

 

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

コメント