パークマネーサービス Park money service 佐藤亮 はガチで本当に悪い意味でヤバイ!?

佐藤亮 ギャンブル系
出展元: https://pa-rk.com/

こんにちわ、andonです。

キリンホールディングスが米国のクラフトビール会社ニュー・ベルジャン・ブルーイング を買収すると発表しました。

近年キリンホールディングスは海外のビール会社を買い取って、日本国内でも販売するといったビジネスモデルを構築しているので、将来海外ビールブームなんかが起こったら株価がどーんと上がるかもしれませんね。

こんなことを考えていると色んな会社の株式が欲しくなるので困ったものです…

さて、本日は佐藤亮氏のパークマネーサービス(Park money service)についてレビューしていきます。

 

パークマネーサービス Park money service 佐藤亮 はガチで本当に悪い意味でヤバイ!?

佐藤亮

出典元: https://pa-rk.com/

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

パークマネーサービス(Park money service)の特定商取引法に基づく表記

【サイト名】パーク
【運営者】佐藤 亮
【所在地】埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-328
【販売URL】https://pa-rk.com/
【販売価格】収益発生時に5~20%の手数料が発生
※補足情報※
電話番号、メールアドレスの記載がありませんでした。この商材は危険である可能性があります。十分にご注意ください。

 

パークマネーサービス(Park money service)のコンテンツ内容

今回のパークマネーサービス(Park money service)の商材内容は、競馬で稼ぐギャンブル系ビジネスへ参加できるといったものになっているようです。LP内には次のようなキャッチコピーが並んでいます。

・毎週最低3万円の現金を送金し続ける
・最新の印税テクノロジーを搭載
・大手メディアが認めた健全な収入形態

当サイトでは、これまでギャンブル系の案件もレビューしてきましたがまともな内容のものがありませんでした。
※ギャンブル系案件のレビュー記事は以下からご覧いただけます。

ギャンブル系
「ギャンブル系」の記事一覧です。

今回は本当に稼げるようになるのでしょうか?

料金システムは、収益発生時に5~20%の手数料が発生するシステムになっているようです。

 

特商法に問題あり

パークマネーサービス(Park money service)の特商法の表記には、電話番号、メールアドレス等の連絡窓口がありません。これは危険すぎです。

後で詳細は説明しますが、この案件内容はギャンブル系(競馬)です。
レースに投票して勝った時には運営側へ手数料を支払わなければならないといったシステムで、間違いなく有料のサービスです。

そもそも特定商取引法では、インターネット上でサービスを販売する(通信販売)事業者に対して、消費者が確実に把握できるわかり易い箇所に住所や連絡先を明記することを義務付けています。

つまりパークマネーサービス(Park money service)の提供会社は明らかな法律違反を犯しているのです。

彼らには企業倫理や一般社会的な常識が欠落していることは明白であり、最悪詐欺を働いて逃げ切るために連絡先を明かさないのかもれません。

 

危険過ぎるビジネスモデル

パークマネーサービス Park money service

オファーへの登録後に送られてくるメールから、パークマネーサービス(Park money service)は次のような仕組みであることがわかりました。

①運営側の情報屋が利用者へレースの情報を提供
②提供された情報を元に利用者が情報屋へ代理投票(代理で馬券購入)を依頼
③勝って収益が発生すればその額に応じて5~20%の手数料を運営に支払う
(負けた場合は料金は発生しない)

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、これってノミ行為に当たる可能性があります…。

上の手順②で運営者が「実際に馬券を買っていなかったら?」と考えると確実にそうなります。
公営ギャンブルのレースを使って私設馬券を販売していることになります。

特商法さえまともに記載していない組織です。ノミ行為くらいやってのけそうな雰囲気があります。

ノミ行為の胴元は凄く儲かります、昔は結構大っぴらにヤ●ザなどの反社会的団体が取り仕切っていました。(私の叔父から聴いた話ですが、昭和の時代には町の喫茶店やラーメン屋の2階とかで平然と行われていたそうです)

これはもちろん違法行為です。
競馬法では勝馬投票類似の行為をした者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処せられます。

なのでパークマネーサービス(Park money service)は最悪のケースで想定すると、運営者が違法行為で稼ぐために立ち上げられた案件であるためもちろん参加者は搾取されます。よく言われる「ギャンブルなんてずっとやってたら必ず胴元が得をするようになっている」を地で行く案件です。

そもそも違法行為に加担することにもなりかねませんので、絶対に参加は避けましょう。

 

所在地に建物がない

特商法に記載のある数少ない項目の中から所在地について調査してみました。

驚くべきことに建物が存在しない空き地でした…。

パークマネーサービス Park money service

特商法も書かない、所在地も嘘…。
ここまで徹底して身バレすることを避けているところを見ると、もしかしたら本当にノミ行為をしている可能性があります。

ここまで危険な案件を見たのは初めてかもしれません。絶対に参加してはいけません。

 

佐藤亮はどんな人物?

佐藤亮

出典元: https://pa-rk.com/

LP内には殆ど開発者の佐藤亮氏の情報が出てきません。

そこでネット上で彼について調査してみましたが、全く佐藤亮氏に関する情報は確認することができませんでした。おそらく佐藤亮氏は実在しない架空の人物なのでしょう。

これは詐欺のような案件を展開する時によく使われる手口です。
提供者側に十分な費用がないときなどは、架空の成功者像を作り上げて開発者や講師などに祭り上げてしまいます。(世界トップクラスのトレーダーや借金漬けから成功者になった元社蓄など)

ただ今回のパークマネーサービス(Park money service)の佐藤亮氏については、経歴や画像さえ準備されていないので相当に費用が限られていたのでしょう。

もちろん開発者や講師が存在しない商材など購入してはいけません。

 

ネット掲示板の反応

~現在調査中~

 

まとめ

結論は残念ながら危険な商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法に問題あり
・危険過ぎるビジネスモデル
・所在地に建物がない

特商法に連絡先がないうえに所在地は嘘を記載しています。※所在地の住所は空き地です。
本件は有料サービスにもかかわらず消費者へ連絡先や所在地を伝えていないため法律に抵触しています。

ビジネスモデルを分析したところノミ行為を行っている危険性があることがわかりました。
参加することで違法行為に加担することにもなりかねません。
絶対に参加してはダメです。

≪!!注意喚起!!≫
特に今回のパークマネーサービス(Park money service)は現時点で当サイトで取り上げてきた中でも最悪の内容です。本当に犯罪行為に加担してしまう可能性がありますので、絶対に登録・購入・利用はしてはいけません。

 

以上の理由で危険な商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

ギャンブル系 ひどい商材
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
騙されなくなる!情報商材レビューサイト

コメント