WORK-BANK 西川あいり は稼げない!?

西川あいり おすすめできない商材
出展元: http://second-penguin.jp/line/wb_lp01/index.html

こんにちわ、andonです。

今日は午後から久々に晴れたので、溜まっていた洗濯物を片付けました。
やっぱりジメジメする時期に部屋干しは極力避けたいですね。

それと同時に「次に洗濯機を買い換えるなら乾燥機のついたものにしよう」と強く誓う今日この頃です。

さて、本日は西川あいりさんのWORK-BANKについてレビューしていきます。

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

特定商取引法に基づく表記

【運営者】WORK-BANK運営事務局
【メール】info@second-penguin.jp ※お問い合わせはEメールでお願い致します。
【販売URL】http://second-penguin.jp/line/wb_lp01/index.html
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
代表者名・責任者名、所在地、電話番号の記載がありませんでした。この商材は危険である可能性があります。十分にご注意ください。

 

この商材のコンテンツ内容

今回のWORK-BANKの商材内容は、登録するだけで厳選された副業情報のみの配信を受けることができる無料オファーだそうです。LPには次のようなキャッチコピーが溢れています。

・300名様限定で稼げる○○プレゼント
・最大日給10万円以上
・WORK-BANKに登録するだけでOK

しかし具体的なビジネスモデルは明らかにされていません。

 

レビューサイトでの評判

特商法の表記の内容がスカスカ

上記見ていくと、色々と問題ありなところがございます。

1.運営責任者が記載されていない
2.所在地が記載されていない
3.連絡先(電話番号)が記載されていない
4.表現、及び商品に関する注意書きで商品の保証がされていない
5.その他特商法の明記がほとんどされていない

引用: https://fukugyo-earnstyle.com/archives/2506#WORK_BANK-4

このWORK-BANKの特商法の表記には、責任者名、所在地、電話番号といった特に重要な情報が記載されていません。

オプトインアフィリ目的の案件

無料オファーアフィリエイトというのはオプトインアフィリエイトともいうんですが要するにほかの詐欺無料オファーを紹介してそこからメールアドレスやライン@登録をすると紹介者にアフィリエイト報酬が入る仕組みです
今回のWORK BANKもそれが目的です

引用: http://scamoffer.info/scamoffer/workbank.html

こういったオプトインアフィリエイト目的の案件は登録者ではなく、無料オファーの提供者側が儲かる仕組みになっています。

登録するだけで10万円は嘘

「WORK-BANK」に登録するだけで、最大日給10万以上だと書いてあります。
「WORK-BANK」に登録をしてみると、「こちらのLINE@では、厳選された副業情報のみを配信していきます。」
というメッセージが送られてきます。

つまり登録するだけでは、最大日給10万以上にはならないということが明らかになりました。

引用: http://blog.livedoor.jp/xxm_k_cxx/archives/19023775.html

これはLP内のキャッチコピーなどの内容とは違うので誇大広告だと判断できます。

 

西川あいりはどんな人物?

西川あいりさんについてはネット上の情報どころか、WORK-BANKのLP内にさえ殆ど情報が載っていません。

今回のWORK-BANKが初めて手がける案件と言うことなのでしょうか? まだ目立った実績を上げることができていないのかも知れません。

しかし言い換えれば、経歴や実績のない人がなぜか「稼げる・儲かる」といって無料オファーを提供しているという説得力のない状況ということになります。

今回のWORK-BANKは稼げないのではないでしょうか?

WORK-BANK

ネット掲示板の反応

~現在調査中~

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法の表記に問題あり。
・オプトインアフィリの可能性が高い。
・明らかな誇大広告。

※理由について詳しく知りたい方は、どうぞ以下の続きもお読みくださいませ。↓

特商法の表記に問題あり

このオファーの特商法の表記には、代表者名・責任者名、所在地、電話番号の記載がありませんでした。
特商法にこの3つが掲載されていないのはかなり危険な感じがします。

運営者として、「WORK-BANK運営事務局」という組織が記載されていますがネット上で検索しても情報がありません。おそらく登記や法人登録も行っていないと思われます。

仮にこのオファーの情報などを元にビジネスを始めた時に、なにかしらのトラブルや事故に巻き込まれた際は、責任の所在もわからないし関係者に相談したくても口頭で会話のできる電話窓口などもなく、全て自己責任で解決する必要があります。

つまりWORK-BANKの提供者はこのオファーについて負うべき責任を回避しようとしているとも考えられます。

オプトインアフィリの可能性が高い

WORK-BANKはオファーの提供者自身が儲けるためのオプトインアフィリ目的の無料オファーだと思われます。

WORK-BANK登録後に配信される様々なビジネスへのオファーに対して誰かが登録すると、元々のオファーの配信者であるWORK-BANK提供者にアフィリエイト報酬が支払われる仕組みになっている可能性が高いです。

オプトインアフィリ自体は悪いものではなく、大手企業等も用いているスタンダードな販促手法なのですが、ネットビジネス業界でこういった仕組みの案件で配信されるビジネス情報や商材は総じて質の低い物が多くて「稼げた」、「儲かった」という噂を聴いたことがありません。

その理由は、オプトインアフィリは仕掛ける側の立場からすれば、登録者へ配信するビジネス情報の中身などどうでも良いので、結果的にアフィリ報酬の高い案件ばかりになってしまうからです。

※アフィリ報酬が高いビジネス情報や商材は、そのアフィリ報酬分の宣伝費等の経費がかかるため、販売価格に対して内容が伴わない質の低いものが多いのです。

なので多くのオプトインアフィリと思われるオファーで儲かるのは、登録者の我々ではなくオファーの提供者側なのです。

明らかな誇大広告

先に書いたように今回のオファーはオプトインアフィリなので、登録者は見ず知らずの第三者の商材などの情報を配信されて、気に入れば更にそれに登録したり購入したりするといった仕組みです。

つまりWORK-BANK自体にはビジネスモデルも何もないのです

それにもかかわらずLP内には「最大日給10万円」などといった根拠や実績もないキャッチコピーが踊っているのです

このサービス自体に直接登録者を稼がせる手段がないのに、事実に基づかない内容の広告を打つのは法律違反にさえなります。

 

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

コメント