新種の副業モデル Master mates project マスターメイツプロジェクト Number運営事務局 は稼げない?

Number運営事務局 おすすめできない商材
出展元: http://korewqiuv.com/lp/a1/indexov.html

こんにちわ、andonです。

今日は晩御飯にひさびさにラタトゥイユを作りました。
トマトやナスには体温を下げる作用があるので、これらを多めに入れて作りました。

食べた後は確かに少し涼しくなったような気がしました。
暑い時期には他にもキュウリなどのような体温を下げる作用のある夏野菜をとると良いのかもしれませんね。

さて、本日はNumber運営事務局の新種の副業モデルMaster mates project(マスターメイツプロジェクト) についてレビューしていきます。

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

特定商取引法に基づく表記

【販売会社】Number運営事務局
【メール】webmaster@number001.tokyo
【販売URL】http://korewqiuv.com/lp/a1/indexov.html
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
所在地、電話番号等の記載がありませんでした。この商材は危険である可能性があります。十分にご注意ください。

 

この商材のコンテンツ内容

今回のMaster mates project(マスターメイツプロジェクト) の商材内容は、登録することで次のような情報が貰える無料オファーのようです。

・感謝されながら毎月100万円の収入が狙える全く新しい新種の副業モデル
・初心者がたった2日で7万円の報酬を得た具体的な方法
・1日30分の作業で報酬を量産させる方法
・多くの方から感謝されながら莫大に儲かる秘訣

大手企業でも従業員の副業が認められ始めている昨今、有象無象のいろんな副業ビジネスが乱立していますが今回の無料オファーはどうなのでしょうか?

 

特商法の記載に問題あり

今回のMaster mates projectの特商法の表記の中には、販売会社の住所や電話番号がありません。

今回の無料オファーを元にビジネスを始めたとしても、何かしらのトラブルが発生した際は提供者であるNumber運営事務局と直接会話して相談ができないのです。

そもそもネット上でサービスを販売する事業者が特商法(特定商取引法に基づく記載)に住所や電話番号を記載しないのは法律違反になります。

仮に今後有料バックエンドなどの展開があればその時点でコンプライアンス違反が決定的になります。

 

オプトインアフィリ目的の案件と思われる

このオファーのLPには「感謝されながら毎月100万円」、「1日30分でOK」などといったキャッチコピーばかりが目立ち肝心のビジネスモデルについて明かされません。

それでLINE登録してみるといろんな無料オファーの案件情報が配信されてきました。

結論としてはMaster mates projectはオプトインアフィリ目的の無料オファーだった、つまりMaster mates projectから配信される無料オファーへ、誰かが登録するとMaster mates projectの提供者に報酬が支払われる仕組みになっている可能性が高いです。

つまり儲かるのは登録者の我々ではなく、提供者であるNumber運営事務局なのです。

Master mates project マスターメイツプロジェクト

結局は誇大広告

今回のMaster mates projectですが、フタを開けてみればオプトインアフィリの案件であることが判明しました。

ということはあれだけ派手に打っていたキャッチコピーですが誇大広告だったということになります。

おそらくNumber運営事務局は、Master mates projectで配信する他社のオファー内容についてはそこまでチェックすることなく、単純にアフィリ報酬の高額な案件を選んでいる可能性が高いです。
(少なくとも実際に個々のオファーをいちいち実践して稼げるかなどといったチェックはしていないでしょう)

中身もよく確認していない他社のオファーやビジネス情報を配信して、根拠もないのに「毎月100万円」とか「感謝されながら稼ぐ」とか言っている状態です。

 

Number運営事務局とは?

今回のMaster mates project(マスターメイツプロジェクト)は、開発者や運営責任者など責任者の情報は開示されておらずNumber運営事務局という組織が今回の案件を取りまとめているみたいです。

それでこのNumber運営事務局の情報をネットで調べてみましたが、結構悪い評判が散見されました。

これまでに様々なオプトインアフィリを手がけている業者のようで、その内容も無料オファーからスパムのような質の悪い商材やビジネスを配信してくるといったものが多いみたいです。

他にも「無料と謳っているのに有料商材の決済画面へ誘導された」といった情報も多く見られました。

今回のMaster mates project(マスターメイツプロジェクト)も、質の低いオプトインアフィリの可能性や巧妙に有料商材へ誘導される危険性があるかもしれません。

Master mates project マスターメイツプロジェクト

ネット掲示板の反応

~現在調査中~

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法の記載に問題あり
・オプトインアフィリ目的の案件と思われる
・結局は誇大広告
・販売会社 Number運営事務局の評判が良くない

まず特商法の表記に住所も電話番号も載せない会社が提供するオファーなので危険です。

ビジネスモデルが良くわからないと思って登録してみるとオプトインアフィリでした。
他人の商材を宣伝して自分たちが稼ごうとしているわけだからビジネスモデルも何もありません。(Master mates projectに登録した人を稼がせる気はないと思います)

販売会社のNumber運営事務局の過去の評判が良くないのも懸念点です。
(巧妙な高額バックエンドへの誘導があるかもしれません)

 

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。


(※2019/08/15 追記※)

今回の無料オファーは下記の高額バックエンド『Numberシステム』へつながるプロダクトローンチであることがわかりました。
※気になる方はこちらのレビューも是非お読みください。

Numberシステム Number運営事務局 にお金を騙し取られるな!?
こんにちわ、andonです。 本日15日の朝に北海道や関東の信用金庫でシステム障害が発生し、店舗窓口やATMでの振り込みや現金の引き出し等ができない状態になっていたみたいです。 小さな記事だったので続報が確認できず、今は復旧した...

 

コメント