Royal Family ロイヤルファミリー ダニエルダン は危険!?

ダニエルダン おすすめできない商材
出展元: https://royalfamily-pj.com/lp/1wam/

こんにちわ、andonです。
最近改めて思うのですがネットで溢れている稼げる情報っていうのは、本当に詐欺のようなものの割合が大きいですよね…。

Googleで「ネットビジネス 稼げる」と検索すれば最初のページから多くのインチキ商材がヒットしますし、SNSでも詐欺商材関連のスパムのようなDMがたくさん配信されいてます。

質の悪い情報を「稼げる、儲かる」と広めている人たちって、
「大勢でこんなことを繰り返していると、いずれは誰もネットで情報を買わなくなってしまう。」
といったことに気付けないのでしょうか?

自分さえ儲かれば良い・インチキしてでも楽して稼ぎたいなんて短絡的な思考で情報商材を販売している人が多すぎます(涙)

初っ端から愚痴を聴いていただき有難うございます(笑)

さて、気を取りなおして本日はダニエル・ダン氏のRoyal Family(ロイヤルファミリー)についてレビューしていきます。

ダニエルダン

出典元: https://royalfamily-pj.com/lp/1wam/

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

特定商取引法に基づく表記

【販売会社】DANIEL WORLD LIMITED
【責任者】Daniel Dan
【所在地】Unit 11C,China Insurance building,48 Cameron road,TST,Kowloom,HK
【メール】support@royalfamily-project.com
【販売URL】https://royalfamily-pj.com/lp/1wam/
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
電話番号の記載がありませんでした。この商材には注意が必要です。

 

この商材のコンテンツ内容

今回のRoyal Family(ロイヤルファミリー)の商材内容は、IEOやSTOといった仮想通貨関連の投資への無料オファーとなっています。参加することで次のような情報や特典を得ることができるそうです。

・99%の確率で何倍何十倍といったレベルで儲かる次世代の仮想通貨情報
・世界遺産登録を予定している超優良な利権ビジネス
・取引所の社長から直接紹介される出来レースなIEO案件
・ユダヤ式投資分散術

しかし現時点で具体的にどういったトークンを取り扱うのかなどは不明です。

 

特商法の表記に問題あり

今回のRoyal Family(ロイヤルファミリー)の特定商取引法に基づく表記の中に次のような内容があります。

(抜粋)

個人情報のお取扱いについて
お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報は、お客様へのご連絡、DANIEL WORLD LIMITED及び アフィリエイトセンターのサービス等のご案内、 今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、 アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、 その他これらに関連する目的に使用するために、 口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。 ただし、お客様から要請があれば、 当該お客様の個人情報について第三者への提供を停止いたします。

引用: https://royalfamily-pj.com/law/tokutei/

これは結構危険なことを明記してます。この文書をわかり易く言い換えると、
「お客さんの要請がない限りは、個人情報を第三者へ引き渡します。」
と宣言しているようなものなのです。

加えて、この特商法の表記には電話番号がありません。
無料オファーへの登録から配信されるサービスを受ける際にトラブルが発生した場合に利用できる電話での連絡窓口が設けられていないのです。

このオファー自体は無料ですが仮想通貨の投資案件なので、無料オファーにより得られた情報で実際にお金を使って投資するようなケースも発生するかもしれません。

そういった状況で不測の事態が発生した時にメールではなく、すぐに連絡が取れる電話窓口が無いというのはかなり焦ると思います。

 

高額バックエンドがあるなら注意が必要

Royal Family(ロイヤルファミリー)について調査していると、提供者のダニエル・ダン氏は過去にICO関連の案件を手がけていたことがわかりました。

参照先: 情報商材チャンネル-The Treasure プロジェクト ジョニー阿部

この案件も元々は無料オファーから始まって、最後は何十万円もする高額バックエンドが販売されたようです。

今回のオファーもIEOやSTOといった仮想通貨投資の案件なので、かなりの確率で同じように高額なバックエンド販売があることが予測されます。

こういったプロダクトローンチのスタイルが悪というわけではないのですが、やはりそこはあまりに高額なバックエンドであったりする場合や、稼げることがわかる根拠が示されない限りは手を出すべきではありません。

 

稼げる根拠がない

このRoyal Family(ロイヤルファミリー)のLPや動画の中でも話が出てきますが、確かにIEO(Initial Exchange Offering)やSTO(Security Token Offering)は、ICOに比べて安全に投資できるという側面もあります。※仮想通貨取引所や各国の政府機関などによってトークンの信頼性が担保されます。

参照先:
ビットバンク 仮想通貨取引所 Glossary-IEO(Initial Exchange Offering)
ビットバンク 仮想通貨取引所 Glossary-STO(Security Token Offering)

しかし現時点では、このRoyal Family(ロイヤルファミリー)ではどんなトークンに対して投資を行うのかといった情報は明らかにされません。

今後こういった具体的な投資対象トークンやトレード手法などがある程度開示されるようなら参加してみるのも良いと思います。しかし一方で、それらの情報が明らかにされないまま高額バックエンドのオファーがくる可能性もあります。その場合は購入を見送る方が良いでしょう。

仮想通貨案件では、高い金額を支払って優良情報配信を契約したのに結果的には儲からないトークンばかりを購入することになったケースなどが頻発しています。

Royal Family ロイヤルファミリー

ダニエル・ダンはどんな人物?

ダニエルダン

出典元: https://royalfamily-pj.com/lp/1wam/

実はこのダニエル・ダン氏についてはLPや動画内でも正体が明らかにされていません。

LPをご覧になっていただければ分かりますが、かなり怪しい雰囲気を醸した青年のようです。
ネットにも彼の経歴を担保できるような情報はなく、本当に世界的なVIPたちと人脈を築いているのかは不明です。

(メールやLINE登録すると視聴できる動画でも、まるで俳優さんがステレオタイプの富豪を演じているような感じがします)

先にも書きましたが、彼は過去にもICO関連(THE Treasure)の案件を手がけているようなのですが、こちらは現時点で詐欺かどうか意見が分かれており判断が難しい案件のようです。

参照先: 【集団訴訟に向けて】ジョニー阿部(阿部ダイジロウ)の”THE Treasure”について

 

ネット掲示板の反応

詐欺許せない男 より: 2019年8月9日 11:17 AM
ダニエルダンは過去にTHE TreasureプロジェクトというICO案件を公開し、多くの被害者を出しています。
今回も同様に危険な案件である可能性が高いです。
また所在地も香港のバーチャルオフィスのようで、ダニエルダンがそこにいるわけではありません。電話番号の記載もないので最初から逃げるつもりの案件と言えます。
こんな商材に引っかかってはいけません。

引用: https://netbusiness-bbs.com/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC/

過去のICO案件(THE Treasureプロジェクト)で被害者が出たと言う書き込みが確認できます。

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法の表記に問題あり
・高額バックエンドがあるなら注意が必要
・稼げる根拠がない
・ダニエル・ダン氏が怪しい

特商法の表記に電話番号がなかったり、個人情報を二次利用する旨が記載されてあったりと危うさを感じます。

提供者であるダニエル・ダン氏の経歴の真偽も怪しく、過去に出したICO案件では高額なバックエンドから一部では「詐欺なのでは?」といった情報も見られました。
今回のRoyal Family(ロイヤルファミリー)でも同じような流れになるかもしれません。

現時点で具体的にどんなトークンやビジネスに投資するのかについても殆ど情報が明かされていません。

 

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

コメント