Li-Auto 中尾真一 に参加する!?

中尾真一 おすすめできない商材
出展元: http://li-auto1.com/letter/auto/thk/

こんにちわ、andonです。
このところ、プログラミング教室に異業種からの参入が増加しプチバブル状態になっているそうです。

IT業界に身を置く者のはしくれとして感じるのは、やはり近年は圧倒的な人材不足が背景にあるため、しばらくはプログラミングスクール業界の活況は続きそうです。

ただ、これは何年か先までの限定的なお話で、東京オリンピックや大阪万博などが終わってからも、この勢いが続くのかと言われれば、そこまでではないのかなとも思っています。

しかし、株式投資などでポートフォリオにプログラミングスクール関連銘柄を検討してみるのは良いのではないかと思います。

さて、本日は中尾真一氏のLi-Autoについてレビューしていきます。

中尾真一

出典元: http://li-auto1.com/letter/auto/thk/

《免責事項》
当サイト内の情報については充分に注意・確認をした上で掲載しております。
ただし、商材・コンテンツ等の内容が間違いなく正確であること、最新であることについては保証しておりません。また当サイトのご利用によって発生したトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

特定商取引法に基づく表記

【販売者】中尾真一
【販売URL】http://li-auto1.com/letter/auto/thk/
【販売価格】なし(無料オファー)
※補足情報※
LPに特定商取引法の記載自体がありませんでした。この商材は危険である可能性があります。十分にご注意ください。

 

この商材のコンテンツ内容

今回のLi-Autoの商材内容は、次のノウハウを提供してもらえる無料オファーということです。

・1日3分の作業で5万円以上が稼げる
・知らない間にお金が溜まる
・性別、年齢、スキル・経験・知識など一切関係なし
・最低約20万円からでも投資可能
・小額でも毎月100万円稼ぐことが可能
・スマホ一つで完結
・どこでも自動的に稼ぐことができる

ビジネスモデルは明かされていませんが、おそらくブックメーカー関連の投資ではないかと思われます。

 

レビューサイトでの評判

特商法の表記がない

中尾真一のLi-autoでは、特定商取引法に基づく表記が見当たりませんでした。
この点については不安が残ります。
特定商取引法に基づく表記とは、運営側の義務であり、法律で記載するルールがあるんです。
運営会社も住所も何も分からないとなると、中尾真一のLi-autoに対し、何かしらの形でお金を支払った場合、連絡がつかなくなる可能性も出てくるので十分にご注意ください。

引用: https://junkrock24.com/nakao-shinichi/#outline__4

無料オファーとはいえ特商法の表記がないものは怪しいですね。

ビジネスモデルを明らかにしない

情報を収集していると今回のように、中身が和kらない不透明なオファーと数多く遭遇します。
その中でいい情報をキャッチし悪い情報はスルーできる判断力を養っていかないといけませんね。
このオファーに関しては中身がかなり不透明なので、参加するような段階ではないという事でしょう。

引用: https://www.syachiku-datsusara.com/nakao-siniti-liauto/#i-5

ビジネスモデルも稼げる根拠となる資料なども開示せずに、誇大広告とも思えるキャッチコピーばかりが目立ちます。

ブックメーカー案件は危険

あたかも勝率が高いように見せているだけであり、実のところ勝率は10%以下というブックメーカー案件はよくある話です。
また、悪質なものになれば、商材を購入後もねつ造をしているブックメーカー案件もあります。

引用: https://インフォビジネスの闇.com/%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e6%a1%88%e4%bb%b6/%e4%b8%ad%e5%b0%be%e7%9c%9f%e4%b8%80%e3%81%ae-li-auto%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%89%e3%81%af%e4%bd%9c%e3%82%8a%e8%a9%b1%e3%81%a7%e5%a1%97%e3%82%8a%e5%9b%ba%e3%82%81%e3%82%89/

ブックメーカー投資は商材運営者側がインチキしやすい環境が整っているようですね。

 

中尾真一はどんな人物?

中尾真一氏について調査してみましたが、情報を確認することができませんでした。
もしかしたら、経歴も実績もない人物であるか、運営者側が作り上げた架空の人物である危険性もあります。
LP上にさえ彼の情報が殆どないのも怪しいところです。

 

ネット掲示板の反応

匿名 より: 2019年7月9日 11:17 AM
う~ん、誇大広告が凄過ぎて詐欺にしか見えないw
ギャグの域に達してると思いますww

引用: https://netbusiness-bbs.com/li-auto/

誇大広告についての指摘がありますね。

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・特商法の表記自体がない。
・ビジネスモデルに問題あり。
・運営者が怪しい。

※理由について詳しく知りたい方は、どうぞ以下の続きもお読みくださいませ。↓

特商法の表記自体がない

この無料オファーのLPには特商法の表記がありません。これは先々で問題になってくる可能性があります。

おそらくこの登録後には、有料のバックエンド商材への展開が予想されます。ということは、もともと販売する商品が準備されているということです。有料の商品を販売するのに特商法の表記がなければ法律違反になってしまいます。

有料商材のLP等で改めて特商法については記載するのだと思うのですが、バックエンドの商材があるのにそれにつなげるためのオファーの時点で記載しないのは、登録者や会員に対して誠実ではないと思います。

ビジネスモデルに問題あり

もともとこの商材は説明会参加者以外にビジネスモデルを明かさない方針を取っています。
(そもそも「儲かる儲かる」と言っておきながら、ビジネスモデルも稼げる証拠となる資料も出さない時点でいかがなものかと思うのですが…)
しかし、LPの画像から海外のブックメーカーの画像配信と見られる情報が確認できます。(モザイクがかかっていますが)

実は、今回のようなブックメーカー関連の案件には詐欺のような商材が多いのです。
例を挙げる以下のようなものがあります。

・勝っている時期のみキャプチャした画像を取得して、勝率9割などと偽る。
・途中で賭けを中止できる海外ブックメーカーの仕組みを逆手にとって、負けた後で賭けを中止するような指示を配信して、さも試合中に中止を指示していたかのように偽装する。
・そもそも誇大広告なので、殆ど勝てない。

つまり情報商材の中でも、ブックメーカー投資の商材は避けた方が良いのです。

運営者が怪しい

運営者である中尾真一氏についての情報が少なすぎます。
中尾氏はブックメーカー投資の第一人者なのかどうかといったことや、どんな経歴があってどんな実績をお持ちなのかなどといったことが確認ができません。
そもそも実在する人物なのかも怪しいレベルだと思います。

そんなよくわからない人物が提供する商材などで稼げるとは思えません

以上の理由でおすすめできない商材と判断しました。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

コメント